読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

副交感神経が大事


自律神経をコントロールするポイントーーゆっくりを意識し、ゆっくり呼吸し、ゆっくり動き、ゆっくり生きる。
副交感神経が低下すると、血管の老化が進み、同時に免疫力も低下し、体は病気になりやすい状態になる。
副交感神経の働きを高めることが最高の健康法。
自立神経のバランスがいいときが最も免疫力が強い。
足裏を揉むだけで全身の体調がよくなる。
諸悪の根源は、血管の過激な収縮による然な血流の悪化。
副交感神経の働きを高めれば高血圧は改善される。
外出するとき30分の余裕がその日1日の自律神経を安定させる。
睡眠不足は自律神経の大敵である。
お酒の飲みすぎは最悪の生活習慣。自律神経のバランスを崩す。
お酒を飲むときは同僚の水を揉む。
朝起きたときはコップ1杯の水を飲む。
お酒を飲んだらお風呂に入ってはいけない。心筋梗塞を起こすリスクが格段に高くなる。
どうしても入るときは、コップ2杯程度の水を飲んでから、40度ほどぬるま湯に10分から15分入る。
お酒を飲んだら必ず多めに水を飲んでから寝る。
便秘に悩む人は朝1番にこおっぷ1杯の水を飲む。
朝1番の水で胃腸が動くと自然な便意が誘発される。
食後に眠くならない食べ方のポイントは、食膳に300から500ccの水を飲む。さらに、原8分目の量を、できるだけゆっくり時間をかけて食べる。早食いと食べすぎは居眠りの元。
有職後の最低30分の散歩が理想的な運動。
4つの準備運動
①両腕を上にあげ、右手の先を持ち、右手を左手で引っ張りながら状態を左へ倒す。
持ち替え右に倒す。まっすぐ上方向にも伸ばす。
②両腕を前に伸ばし、右手の先を左手で掴む。そのまま右腕を左腕で左側に引っ張る。
手を持ち替え、逆もやる。
③右腕を前に出し、手首が上になるように曲げ、右ひじを左腕でつかみ、;右手首をぐるぐる回す。
手を持ち替え逆も行う。
④反対側の膝の上に足首をあげ、足首をぐるぐる回す。
逆も行う。

自律神経を確実にコントロールできるのは、呼吸。
自律神経のバランスを整える日記。
①その日、一番失敗したこと。
②その日一番感動したこと。
明日の目標