読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

池田に行く

日記

タカボウが6時過ぎに眼を醒ますと、雨が降っていた。雨は出かけるのに困る程ではなかったので、昨日から決めていた池田のレトロ建築を見に行くことにした。
今日は、七道のおばちゃんの所で昼飯を食べたかったので、朝早く出て池田までいって昼過ぎに七道へ帰る予定である。
急いで味噌汁を作り、お湯が沸くまでにトイレに行こうと思ったのが間違いで、トイレが長引き豆腐を入れる前に水が半分以下になってしまった。
人参と玉葱だけの味噌汁を食べたがお腹が満足せず、そばを作って食べた。
難波へ着いてから喫茶店に入りモーニングコーヒーを食べる。こんなことするから肥えるのだろう。
今日朝測ったら75キロあった。

池田について北へ8分程アーケードの中を歩くと、旧加島銀行池田支店があった。今はインテリアの河村商店が入っている。
すぐ近くに落語ミュージアムがあり、1階は落語の舞台や資料があり、2階ではCDやDVDが見れるようになっている。池田の名前の付いている、池田の豬買い(桂枝雀)と池田の牛誉め(林家染二)を見た。
落語ミュージックの前にはビリケンさんがおった。
ビリケンの作者は池田の人で、ここに帰ってきたらしい。今まで知らなかったが、ビリケンの足の裏を掻いてやると願いが叶うらしい。
七道に着いてから、おばちゃんの店に行くと、金粉入り日本酒と、数の子と煮豆を出してくれた。