健康

健康な食べ合わせと食事療法

1 大根+牛肉 (煮物) 解毒・殺菌・抗酸化 2 玉葱+豚肉 (生姜焼き) 疲労・精力・血糖値下降・動脈硬化・高血圧 3 鶏肉+トマト(トマト煮込み) 疲労・美肌・貧血 4 じゃがいも+鶏肉(肉じゃが) 腸内環境・免疫・高血圧・糖尿病・視力回復 5 鮭+…

ビタミンACEは抗酸化作用で若返り

ビタミンA 1日必要量は660mg かぼちゃ8分の1(130g)で430mg 鶏レバー100gで14000mg ウナギ1匹で5400mg 人参1本で990mg ビタミンC 1日必要量は100mg 柿1個で116mg キャベツ4分の1(250g)で102g かぼち…

眼に良い食べ物

黒ごまに含まれるアントシアニンが眼に良いらしい。1日に大さじ2杯をすりごまにして食べる。 目に良い栄養素アントシアニン ブドウ、ブルーベリー、黒豆、黒ゴマ、ビルベリービタミン ABCタウリン ルティン ウォーキングは眼圧を下げるストレッチも効果的

足のつりを防ぐ

足のつり防止に寝る前にストれレッチ *1 足のつりを防ぐミネラル ナトリウムーーみそ カルシウムーーシシャモ、乳製品、食べる煮干し カリウムーーきなこ マグネシウムーー海藻、ナッツ、大豆、豆腐、きなこ ミネラルだらけの味噌汁 食べる煮干し、わかめ、…

血管を丈夫にする

昨日のTVで分かったことを書く 毛細血管を活性化する食べ物 ルイボスティーがいいらしい。ルイボスティーはカフェインはなく、ミネラルが豊富に入っているそうだ。産地は南アフリカだそうだ。 スーパーに見に行ったらなかったので、通販で買うのが一番早い…

音楽療法

モーツァルトの音楽を聞く ↓ 副交換神経の働き活発 ↓ アセチルコリンが分泌⇒血管を拡張⇒高血圧を改善 活性酸素が出来過ぎない⇒ガンの発生が抑えられる インスリンを分泌する能力を高める⇒コルチゾールの分泌を抑える⇒糖尿病を予防 コルチゾールの分泌を抑え…

血圧を下げる食品

①いも類(カリウムと食物繊維)ー余分なナトリウムを排出 里芋はいも類の中でもカロリー引低め ②緑黄色野菜(βカロテン)抗酸化成分ー血管の老化を防ぐ。 人参 -βカロテンが一番多い カボチャ -βカロテン・ビタミンC・E トマト ーリコピン 赤ピーマン 青菜…

血圧を下げる食生活3大ポイント

①肥満している人は、摂取カロリーを減らす 牛肉・豚肉・皮つきの鶏肉・挽肉・ベーコン・ソーセージを減らし、魚介・野菜(芋、山芋、カボチャ、ニンジン、青菜、セロリ)・海草・キノコを増やす。 肉を食べる時は牛肉、豚肉は赤身(ヒレ・もも)、鶏肉はささ…

アンチエイジングに役立つ食事

副交感神経を優位にし、NK西郷の活性化、活性酸素の働きを抑える。 副交感神経を優位にする食事をする。 小エビ、玄米、小魚類、豆類、ゴマの全体食品は生きるための必要な栄養が丸ごと含まれている。 EPAやDHAは体をリンプ球の多い状態に導く さんま、サバ…

ドロドロ血液をサラサラに帰る食事

血液中の白血球の顆粒球の割合が増加→赤血球が破壊→血小板を固まりやすくする→血液ドロドロになる。 又顆粒球の割合が増加すると→活性酸素の賛成も高くなる→血液ドロドロになる。 食事の前後や食間にたっぷり水を取る。 食事は温かい料理を意識して取る。 血…

落ち込みがひどく食欲が無いとき

①タンパク質が豊富なもの 牛乳、大豆食品、鶏肉 ②タンパク質の合成に不可欠なビタミンBやCの含むもの かつお、マグロ、サケなど うつの時は、冷たい食べ物を避け、ホットドリンクを飲む。食べた後に体が汗ばむくらいの体温を上げる食事をする。

便秘知らずの食生活

①発酵食品を取る(乳酸菌やビフィズス菌を含む食品) ヨーグルト、キムチなど ②食物繊維を含む食品 根菜類、キノコ類、乾燥類など ③排泄反射を促す食品 酢、生姜、ゴーヤ等

高血圧が気になる人の食事

〇食物繊維の豊富なキノコ類、海藻類、緑黄色野菜、バナナなどの果物、納豆やきな粉など。 EPAやDHAを含む青魚。オリーブオイル ×肉やバターなどの動物性脂肪

免疫力が上がる食べ物(副交感神経を優位にする食べ物)

①発酵食品 ユーグルと、納豆、みそ、チーズ、漬物など ②食物繊維が豊富な食品 海藻類、キノコ類、玄米、野菜、果物など ③体を温める食品 人参、生姜、大根、ニラ、ニンニクなど ④その他 酢、梅干し、ごま、豆類、小エビ類、小魚等

がんから生還する

①副交感神経を優位にして、免疫力を高める。 免疫力を高める生活習慣を実践する。 ②ストレスを感じたら休養。趣味の時間、睡眠を増やす。 ③がんの三大療法(抗がん剤、放射能治療、手術)は免疫力を低下させる。 免疫療法(自律神経免疫療法・BAK療法・CTL療…

免疫力アップの生活習慣

①深呼吸(腹式呼吸) ②鼻呼吸 ③半身浴(みぞおちから下。ぬるめの湯で20分程度) ④爪もみ療法(副交感神経刺激法)ーリンパ球を増やして免疫力の向上 薬指を除く親指から小指までの爪の両側を10秒間強くはさむ。これを両手でやる。親指(肺など呼吸器)、人…

ストレスに勝つには ストレス解消のコツ

①睡眠不足、暴飲暴食、働き過ぎ(交感神経)の緊張が避ける。 休養をとる。趣味の時間を増やす。 ②依存や甘えた生活はストレスに弱い。 ③強いストレス下では体を冷やさない。 体を温める食事と入浴などで体を温める。 ④笑うこと。自分の好きな事をしてリラッ…

病気の80%はストレスから発症する

ストレスからくる自律神経のSOSサイン(免疫の低下) 不眠、頭痛、肩こり、高血圧、脳梗塞、アレルギー疾患など 疲れや睡眠不足による口の中の血流障害ー歯が浮く 歯周炎・歯周病 腰痛、疲れやすい、肌荒れ がんー働き過ぎ、悩み過ぎ、薬の飲み過ぎ ストレス…